TOBIKICHI
SUBMARINE

BOMBADA ORIGINAL MODEL

ORIGINAL MODEL

トビキチ・サブマリン

元祖"トビキチ"

プラスワン蒲田氏が13年前に考案したトビキチは、数あるビッグベイトの中でも当時唯一の存在として、ボトムとウィード攻略を主体とする特性を持っていました。特に琵琶湖においてウィード攻略は絶対に無視できない最重要課題です。
琵琶湖で育ったローカルベイトとして、ウィードガード、ボトムセンサー、フックガードという三つの機能がこのワイヤーアングルリップセクションに備えられており、このリップセクションの回避能力、多関節のボディアクション、フローティングテイルで、数々のランカーを仕留めてきました。
この釣果はローカルアングラーの中でたちまち話題に昇り、現在ではその流れを汲んだスローロールベイトが次々に量産されていきました。しかし、トビキチだけは性能維持のため、蒲田氏が静かにハンドメイドで生産を続けており、ファンの間でも入手困難に。 あまりの釣果から完全にシークレットな存在になっていました。

トビキチ・サブマリン

"巻き"のトビキチ・サブマリン

トビキチはテールフロートでボトム付近をラインスラックによりサスペンドで漂わさせるという、少しマニアックなテクニックが必要なルアーですが、トビキチ・サブマリンはリップの圧力を感じながら表層〜中層をただゆっくり巻くだけという初心者にも扱いやすいルアーになっています。

脱着式の垂直系オーバルリップにより一定レンジをキープしやすく、ヘッドを含めたボディ全体でのウォブリングをします。更に、琵琶湖のビッグバス攻略に欠かせないスーパーデッドスローリトリーブのギミックです。付属のスクウェアウェイトを貼り、サスペンドにして極限まで遅く巻く際に、ヘッドのみがウォブリングするようにデザインしています。この時、テールの後方に配置されたスモールプロペラがテールがウォブルしようとするテールパーツセクションのストッパー的役割になりI字形の要素を持ちます。更にプロペラの微波動も加わりスレた琵琶湖のビッグバスに非常に効果的です。これは長年の蒲田氏のオリジナルの釣果においても証明されている要素です。

ボトムでのワーミング要素の強かったトビキチに対し、サブマリンはスピナーベイトやクランクベイト、チャター等の要素を全て持たせた、巻きモノ特化のビッグベイトに仕上げています。トビキチとトビキチ・サブマリンをシチュエーションにより併用する事で琵琶湖のビッグバス捕獲率は格段に上がります。
トビキチの代名詞とも言える特許機構、優れたスナッグレス性能を発揮するW.B.S(ウィードバンパーシステム)ももちろん搭載。堅牢な肉厚ボディもそのままに。

ボンバダ・TERU 琵琶湖
ALL COLOR PRICE
¥7,500(税別本体価格)
ALL COLOR SIZE
165mm / 44g
ページトップに戻る